スポンサーサイト

  • 2017.10.03 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    【ブルホーン化】ESCAPE R3・ブルホーン化への道4 〜仮組付偏〜

    • 2016.04.22 Friday
    • 12:45
    今朝、モーニングの時間におきて路面を確認すると思いっきりウェットでした。
    おーちゃんです。

    すかさずお布団に戻ってしまいましたw
    今週は全然走れてなくてグダグダモードですorz

    日曜午前中に思いっきり走りに行こうと思ったら天気予報もコロっと変わってしまい翻弄されてホントorz
    明日、腹いせにジテツウ前に思い切り走ろうかと画策してます。


    さて、そんな所で本題です。
    前回からの続きです。


    ●目次●
    第一回(ハンドル交換構想)
    第二回(ドロップとブルの比較構想)
    ※上二回は思い付きをダラダラ書いただけなので、実質的な内容は次の第三回からになります。
    第三回(パーツ選定)
    第四回(仮組み付け)←今回
    第五回(組み付け〜完成)
    第六回(感想・インプレ等)


    いよいよブル化の為のパーツが揃ったので組み付けて行きます。
     

    まずはブレーキレバーにワイヤーを取りつけます。

    本来の使い方とは異なる使い方をするので、今回は補助レバーにインナーケーブルを写真のように引き込みます。
    ちなみに、アジャスターボルトとワイヤーエンド金具の径の兼ね合いで、このままではワイヤーエンドが根元まで入らなかった為、エンド金具の根元(キノコ形状のエンドの石突部分)をヤスリで削りました。


    根元をだいぶ細く加工しました。
    ネットでこの様な方法を散見したので実施しましたが、やはりエンドが抜けないか少し不安です。


    径の問題が解消され、ワイヤーエンドが綺麗に収まりました。
    次いで、コレをハンドルバー先端に取り付け、さらに補助ブレーキも取り付けます。


    こんな感じです。

    アウターの適切な長さがわからないので、古いアウターを仮長に切って組み付けました。


    グレーのブレーキケーブルアウターは古いアウターで仮組みです。

    ここまできたら車体に取り付ける為、それまで使っていたバーエンド付きフラットバーハンドルを外します。


    こんな感じでした。
    フラットバー懐かしいw

    外したハンドルからシフターを外してブルホーンに移植し、車体に取りつけます。


    こんな感じです。

    シフターの位置は色々なサイトを調べました。
    ケーブルが前面につき出す、いわゆるエビホーン等も見ましたが個人的に重視したのは

    ・突出し部分を握ったまま巡航(ブレーキ&シフト操作)出来る。
    ・ブレーキレバー近くにシフターがある。
    ・ケーブルがなるべくすっきり見える。


    という三点だったので、上手くいくかどうかは現物合せ!という感じで試してみたレイアウトです。
    仮組を触った感じでは操作性に問題なさそうだったので、ブレーキとシフトケーブルをそれぞれ所定位置まで配線し、固定して仮組第一段階を仕上げました。


    こんな感じになりました。


    まだバーテープを巻いていませんが、上手くいくかどうかわからない為、とりあえずこれで試走してみました。

    なお、一番危惧していたブレーキですが、やはり調整は超シビアです。


    ガツン!とした効きを求めると、こんなクリアランスになりました。
    一応、ギリギリ接触はしていません。

    ただ、これは想定してた事で、アジャスター+アジャスター付きクイックリリースを取り付けているので、調整やホイールを外す作業は問題なく出来ました。
    逆に言うと、そこまでしないと厳しいと感じました。


    試走の結果、現物合せのレイアウトながらも思っていた以上に操作しやすく、全く問題ありませんでした。
    しかし、さすがにハンドルにクッションが一切ないと手が痛いので・・・


    会社にあった端材で作った簡易グリップを取り付けて仮組を完成とし、ある試走距離を延ばしてみる事にしました。


    仮組が仕上がりましたので、今回はこの辺りで・・・
    次回へと続きます^^;






    日本ブログ村のランキングに参加しています。
    自転車弄りに興味のない人には面白くない日記が続いてしまいますが、生温かく支援ポチ頂けると嬉しいです^^;

                  にほんブログ村

    JUGEMテーマ:じてんしゃ全般
    JUGEMテーマ:自転車通勤
    JUGEMテーマ:クロスバイク

    スポンサーサイト

    • 2017.10.03 Tuesday
    • 12:45
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      ブルホーンカッコいい!真似してみようかな。ブレーキの調整が難しくなる理由がよくわかりませんがσ(^_^;)
      • パンダライダー
      • 2016/04/22 10:38 PM
      非常に興味のある記事です。
      MTBのブルホーン化を妄想している中、シフト・ブレーキのケーブルのとり回しをどうしているのか?と思ってたんです。
      エビホーンっていうんですね(笑)

      ところで、おーちゃんさんは、LINEかフェイスブックされていますか?
      ライドのお誘いをそれらでしているのですが、おーちゃんさんをお誘いするにはどうしたものか、と思っていまして。
      • ずー・たに
      • 2016/04/23 10:13 AM
      >パンダライダーさん
      ありがとうございます>w<

      お気に入りのカスタムでしたw

      ブレーキ問題はキャリパーブレーキだと問題でないのですが、Vブレーキだと、ブレーキレバーとの引き代が合わなくなる事に起因します^^;

      Vブレーキはキャリパーブレーキよりたくさんワイヤーを引かないと効かない構造なのですが、Vブレーキ対応のいいレバーがなかなか無いものでして。。。
      つまり

      V非対応かもしれないブレーキレバーでVブレーキを引く

      ⇒レバーがワイヤーを引張る量が足りない

      ⇒ブレーキシューが十分にリムに接触できず、制動力が落ちる

      ⇒ブレーキのクリアランスを狭くして少しの引きでシューをリムに接触するようにする

      ⇒制動力が十分に得られた


      というような運用をしました^^;
      完全に魔改造です^^;

      この為、シューがリムギリギリなのでブレーキアーチのテンションやホイールの取り付け位置が少し変わるだけでブレーキが片効きしてしまいます^^;

      そうならないようにする設定がなかなかに大変、という訳です^^;

      キャリパーブレーキ対応フレームだと引き代が合うのでこの問題は出ないんですけどエントリークロスバイクはほとんどがVブレーキフレームなのでorz
      >ずー・たにさん
      コメントありがとうございます(*´∀`)

      ブル化はほんと、ケーブルの取り回しとレバー類のレイアウトがキモですね^^;

      エビホーン
      で検索頂くと、なかなか個性的な車体が多数出てくると思います(*´∀`)

      ただ、エビにはしたくなかったので、色々無理やり頑張りましたw

      フェイスブックもラインもやってます(*´∀`)
      とりあえず、ロミオさんのフェイスブックからずー・たにさん探してみますね>w<
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM