【コンポーネント】ESCAPE R3・コンポ交換への道3 〜改造内容決定偏〜

  • 2015.06.29 Monday
  • 12:14
さてさて、方向性が決まった第三回目です。


●目次●

第一回はこちら
第二回はこちら
第三回はこちら(今回)
第四回はこちら
第五回はこちら
第六回はこちら


前回の検討した快速化の方法は

ホイール交換
タイヤ交換
コンポ交換
ドロップハンドル化

の4つでした。
 
まず、効果抜群というホイール交換は実施する事にしました。
ESCAPE R3はリアエンド幅が130个覆里如▲蹇璽浜僖曠ぁ璽襪そのまま使えます。
なので、予算に合わせてロード用のホイールを選ぶことにしました。


次にタイヤですが、走行性能で考えるとレース系が良いようですが、主用途はあくまで通勤です。
まず第一にパンクしない事が大事です。
と言う事で、重量は重くなりますが耐パンク系のタイヤを履く事にしました。
また、初期タイヤは28C(28mm幅)タイヤだったので、重量の不利を取り返すべく、少し細い25C(25佗)に変更する事にしました。
ロードバイクですともう一つ細い23Cタイヤも多く、そちらの方が転がり抵抗や重量的に有利かもしれませんが、25Cと23Cに底までの差は無いというインプレッションも多いですし、25Cをつけているロードバイクも多いです。
よって、雨天グリップも有利そうなので25Cを使う事にしました。


次にコンポーネント交換ですが、やはりロードに近づく為にはロード用のコンポを搭載するしかないと感じていました。
コンポを色々と調べていくうちに、剛性のキモとなるのはペダルを支えるいクランクと、そのクランクを支えるBBではないかと思い、BBの構造にはこだわりたいと考えました。
結果、シマノのホローテック2(下位グレードの場合は2ピースクランク構造と呼ばれる)は間違いなさそうという所に落ち着きました。

シマノが現在展開しているロードバイク用グレードは

DURA-ACE (最上位グレード)
ULTEGRA (上位グレード)
105 (ミドルグレード)
TIAGRA (ミドルグレード)
SORA (エントリーグレード)
CLARIS (最下位グレード)

という6段階の設定となっています。
(カッコ内の補足は玉子の主観です。)

最上位のDURA-ACEはレース用でプロやガチな方達が使うグレードです。
素材や重量や精度等、全てがハイレベルで価格もハイレベルです。
コンポーネントセットで20万円とかしてくるので、それだけでESCAPE R3が数台買えるというハイエンドグレードです。

ULTEGRAはコンポーネントセットで10万円位と、DURA-ACEに比べるとかなり価格は抑えられますが、こちらも上位のレース向けグレードです。
余裕でR3の車体価格より高価で、R3に組み付けるのはオーバースペックな感じが満々です。

105は「レースを考えるなら105以上」と言われ、ミドルグレード的な立ち位置で一つのベンチマークとなっているようです。
ちなみに、セット価格は7万円位と、DURA-ACEとULTEGRA程の価格差はありません。
この為、完成車で買うなら105、コンポ交換で組み付けるならULTEGRA、と言う人もいます。

その下はTIAGRA・SORAと入門グレード的な感じになっていきますがここまではBBがホローテック2(2ピースクランク構造)です。
ちなみに、TIAGRA以下のグレードはセット販売の設定がありません。

さらに、グレード最下位のCLARISはBBがオクタリンクと呼ばれる規格構造の物になります。
(グレード未設定の型番品であればさらに下もあります。)

と言う事で、予算もありますし主用途が通勤なので、頑張っても105で十分、SORAでもOKだけどCLARISはNG、という結論に達しました。


さて、候補に絞った105、TIAGRA、SORAという3グレードですが、この三つは次のような特徴です。

105 (現行5800系)
リア11速。
黒もあるけど、新型の4アームクランクの見た目があまり好きではない。
旧105(5700系)は10速で黒もあって5アームクランクは見た目も好き。

TIAGRA (現行4600系)
リア10速。
黒の設定が無く、クランクの見た目があまり好きではない。

SORA (現行3500系)
リア9速。
黒もあってクランクも5アームで見た目が好き。


通勤メインの為、ギア数は9速でも11速でも、最大ギアと最小ギアを同じにできるのでどちらでも良いように感じました。
ですので、今回は見た目が好みで費用も抑えられるSORAグレードのコンポーネントに交換することにしました。

ちなみに、この時のESCAPE R3にはフロントギアが3枚付いていましたが、ほぼミドル固定で走ってた為フロントに3枚ギアは必要ないと感じていて、迷うことなくフロントはダブルにすると決めていました。


こうしてコンポーネントのグレードが決まった所で、最後にハンドル形状を検討しました。
ハンドルはドロップ化するかフラットバーのまま行くかの二択でした。
どちらを選ぶかでシフターが変わってくるのですが、結局はドロップ化せずにフラットバーで行く事にしました。

どちらにもメリットがあるように感じたのですが、決め手はやはり通勤街乗りなのでフラットバーの方が操作が楽そう、ブレーキの問題、ドロップはポジション出しに苦労するかも、という三点でした。

と言う事で、ようやく組み付けたいパーツが見えてきました。
次回はいよいよパーツを揃えて行きます。


はい、まだまだ引張ります^^;



日本ブログ村のランキングに参加しています。
ポチ頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
 
JUGEMテーマ:じてんしゃ全般
JUGEMテーマ:自転車通勤

スポンサーサイト

  • 2017.04.07 Friday
  • 12:14
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM