【シフトケーブル】シフトケーブル破断・・・からの・・・

  • 2015.08.01 Saturday
  • 11:16
前回からの続きです。

早く届いて欲しい、そう願いをこめてネットからシフトケーブルの発注をしました。
ですが願いもむなしく、翌日帰って来た受注メールに記載された納期は8/5日発送予定、でしたorz

一週間近く自転車に乗れない・・・
うーん・・・
それは・・・ちょっと・・・・゚・(ノД`)・゚・。

かといって、すでにケーブルはそこそこ良いグレードの物を発注済みなので、いまさら店舗で同じ物を購入するはなぁ・・・
でも一週間近く乗れないのもなぁ・・・・゚・(ノД`)・゚・。

と、色々考えていたのですが、ふとある案が頭に浮かびました。


 

今回発注したPTFEコートのケーブルは少し高価な物です。
インナーケーブル1本だけでも1000円以上します。
ですが、そもそも今回破断したスチールケーブルはシマノ製のインナー2本とアウター、つまり自転車1台分セットでも500円〜600円程度という安価な物でした。

という事は、スチール製のインナーケーブルだけなら安く売ってるのでは!?
ホームセンターの自転車コーナーとかにもありそう!!

というわけで、早速7/30日の仕事終わりに近所のホームセンターへ・・・





198円で売ってました\(>w<)/
ありがとう!コー●ンさん!!


というわけで、繋ぎのシフトケーブルが手に入ったので、帰宅後早速交換作業に取り掛かりました。
作業自体は正月に一度経験済みだったので、夜でもいけるだろうと踏んでの事です。


まず初めに、ハンドルからシフターを外す必要がありました。
本来ならシフターをハンドルから外さずともケーブル交換はできるのですが、今回はシフター内でケーブルが破断してしまい、残骸がシフターから取り出せなくなっていました。
なので、一度シフターをばらしてケーブルの残骸をとりだす必要がありました。
という事で、まずはシフター・ブレーキレバー・グリップ・バーエンドにマスキングテープで印をつけます。


そして、シフター内側のハンドルに赤矢印のようにマジックで印をつけます。

こうしておけば、後で各パーツを装着する際に、さっと同じ場所・設定に装着できます。

そして、シフターのキャップボルトを外しておきます。

赤矢印のキャップボルトは後で外してもOKです。
この中にシフトワイヤーを通します。

次いで、シフターを取り外し、ネジを外してカバーを外します。

白い樹脂のリール内に銀色のタイコとケーブルが残っているので、これを取り出します。


ケーブルがバッツリ破断していますね・・・

残骸を無事取り出しせのでシフターを元に戻し、シフトをトップギアの位置に合わせてから新たなケーブルを通します。
トップギアにしておかないと、上写真の白い樹脂リールのケーブルを通す穴が良い位置に来ず、ケーブルが通りません。

先ほどのキャップボルトを外した穴から矢印の方向にケーブルを差し込みます。

ちなみに、繋ぎのケーブルのタイコは元のケーブルタイコより一回り小さかったです。

下が新ケーブル、上が破断ケーブルです。
長さも直径も、一回り小さいですが、シフター内でちゃんと止まってくれたので問題は無いようです。

ケーブルを通したら、忘れないうちにキャップボルトを閉め、スチール製ケーブルなので一応グリスアップした上で元のシフター側アウターケーブルに通します。

発注したPTFEコートのケーブルなどはグリスアップしない方が良いらしいですが、交換する際はアウターごと交換するつもりなので、繋ぎケーブルは遠慮なくグリスアップしておきました。

ディレーラー側のアウターケーブルに通す前にフレームBB下のケーブルガイドを通さないといけないので、車体をひっくり返します。

夜なので写真が暗いですが、BB下のケーブルガイドの赤矢印側がリア側なので、ここにケーブルを通します。

次いで、ディレーラー側のアウターケーブルを通し、リアディレーラーにケーブルを仮止めします。

赤がリアディレーラーの差し込み口、黄緑がチェーンステー裏のアウター受けです。
まだ車体はひっくり返っているので、色々逆向きです。

ケーブルを仮止めしたら車体を元に戻し、フロント側のアウター受けにアウターを止め、シフターをハンドルに通します。

赤がシフターのアウター受け、黄緑がフレームのアウター受けです。

ケーブルの取り回しに気をつけながらシフターやブレーキなど、外したハンドルパーツを印を元に元の位置に戻して固定します。

印を追うだけなので、すんなり元に戻せます。

ハンドル周りを固定したらリアディレーラーのシフトワイヤーを軽く引張りながら固定します。

RD-3500の場合、シフトケーブルを通すのは固定はボルト下側なので、この点注意です。

固定したらリアディレーラーの調整を行います。

調整方法はこちらのサイトの方法を参考にしています。

今回は基本設定を崩していなかったので、調整は思っていたより楽でした。
(繋ぎなのでシビアな調整まではしていませんが・・・)

最後に、本来はケーブルの余った所をカットし、末端をかしめで止めて終了となるのですが、ここで貧乏性発動・・・
数日しか使わない予定のケーブルであれば大して痛まないと思いますので、余った部位は切らずにタイラップでチェーンステーに固定しました。

青いタイラップで余ったワイヤーをチェーンステーに固定しています。
こうしておいて、本命と交換した際に末端がほつれていなければ、保管しておいてまた緊急時等に使う事も出来るかなと。

たかが200円のパーツなのですが、妙な所で貧乏性な性分です・・・


ともあれ、これにて応急の修理が完了し、翌日からまたジテツウできるようになりました!
予兆なく故障・走行不能になる事もあると思い知ったので、ジテツウを続けて行くならある程度の消耗品予備パーツは持って置いた方がいいな、と感じさせられた出来事でした。

ちなみに、常時ストックをしておいた方が良さそうな消耗品は次の辺りかと思います。

●タイヤ予備(中古でもいいので1本以上)
●チューブ(新品を2個以上)
●リムテープ(新品を2本以上)
●ブレーキシュー(新品を2個以上)
●チェーン(伸びてない物を1本以上)
●ブレーキケーブルセット(前後インナー&アウター、新品を1セット、MTB・ロード用兼用の物がベスト)
●シフトケーブルセット(前後インナー&アウター、新品を1セット、交換後の調整が面倒なのでそのまま使い続けられる物)

この内、チェーンとブレーキ&シフトケーブルは予備がないので、近々購入しておこうと思います。
あと、何気にPTFEコートのシフトケーブルの効果も楽しみです。

雨降って地固まる、また一つ勉強になったトラブルでした。


日本ブログ村のランキングに参加しています。
ポチ頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:クロスバイク
JUGEMテーマ:自転車通勤
JUGEMテーマ:じてんしゃ全般

スポンサーサイト

  • 2017.08.08 Tuesday
  • 11:16
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM