【ブルホーン化】ESCAPE R3・ブルホーン化への道2 〜構想・ドロップハンドル偏〜

  • 2015.10.20 Tuesday
  • 12:45
前回からの続きです。


●目次●
第一回(ハンドル交換構想)
第二回(ドロップとブルの比較構想)←今回
※上二回は思い付きをダラダラ書いただけなので、実質的な内容は次の第三回からになります。
第三回(パーツ選定)
第四回(仮組み付け)
第五回(組み付け〜完成)
第六回(感想・インプレ等)
ハンドル交換を考え始めた前回からの続きです。

今回はターゲットとしたドロップハンドルとブルホーンハンドルについて考えます。

ドロップハンドル
一般的なロードバイクのハンドルで、突出しによって前傾ポジションを作りやすく、上ハンドル・ブラケット・下ハンドルと握る場所を変えられるので走行中のポジションチェンジが容易。
また、下ハンドルを握ると前傾が深くなり、筋力的・空気抵抗的に高速巡航に有利。

●想定メリット
1.前傾が取りやすくなる。
2.握る場所が増えてポジションを変えやすい。
3.見た目がロードバイクの様になりカッコいい。(個人的主観です。)
4.STIを使うと操縦感が楽しそう。(個人的主観です。)

●想定デメリット
1.フレームジオメトリーがそもそもロードバイクと違うので、どこまで行っても疑似ロードバイクにしかならない?
2.ジオメトリーの問題もあり、ポジション出しがシビアになるらしい?
3.操縦性は突出しの分、フラットバーより悪くなるらしい。
4.STIを使うとなるとブレーキの問題が発生する。
5.STIのブラケット持ちはフラットバーよりブレーキング操作がしにくいらしい。
6.STIを使わないと変速がフラットバーよりしにくくなりそう。


ブルホーンハンドル
TTやトライアスロンでよく使われるハンドル。
突出しによって前傾姿勢ポジションを作りやすいのはドロップハンドル同様ながら、突出し長さの種類がドロップハンドルより豊富なので、前傾姿勢だけならこちらの方がより深くし易い。
握れる場所は根元と突出しだけなので、ポジションの多さはドロップハンドルより劣る。

●想定メリット
1.深い前傾が取りやすくなる。
2.ドロップハンドル程ではないにしろ、ポジションを変えやすい。
3.ブレーキの握り方はフラットバーと同じながら縦握りになるので、ブレーキング操作がしやすく握りも楽になるらしい。
4.突出しの握る位置を調整しやすそうなので、ドロップハンドルよりはポジション出しがしやすい?
5.見た目が個性的なので、うまく仕上げればカッコいい?
6.構成によっては使用しているフラットバー用のシフターも使用可能?

●想定デメリット
1.ブルホーンは禁止されているイベントが多々ある為、鈴鹿エンデューロ等のイベントに参加できなくなる。
2.操縦性は突出しの分、フラットバーやドロップより悪くなりそう。
3.シフターは良い構成・取付方を行わないと、シフティング操作性がフラットバーより悪くなる。
4.エアロブレーキはVブレーキに対応しない為、使うとなるとブレーキ問題が発生する。
※STIを使っても同様


といった感じでしょうか。
どちらのハンドルも前傾を作りやすくなり、巡航速度にはメリットが多そうです。
一方、操縦性は少し悪くなりそうですが慣れの範囲もありそうなので、目をつぶってもいいかなと思えました。


さて、どちらのハンドルを選ぶにしてもクロスバイクで最大の問題としてブレーキ・シフターの問題があります。
これはESCAPE R3を始め、クロスバイク(特にエントリーモデル)の多くはVブレーキというブレーキが採用されている事に起因します。
Vブレーキ

Vブレーキはカンチブレーキと同じ台座にセットする為、カンチブレーキには交換可能です。
カンチブレーキ

ですが、一般的なロードバイクに採用されているキャリパーブレーキは台座が異なる為、素直に交換する事が出来ません。
キャリパーブレーキ

この様なブレーキアーチの互換に加え、ブレーキアーチとブレーキレバーにも互換があります。
カンチブレーキとキャリパーブレーキはワイヤーの引き量が同じなので基本的に同じブレーキレバーで対応できます。
ですが、Vブレーキはカンチ・キャリパーよりワイヤーを多く引く必要がある為、カンチ・キャリパー用のレバーでは引き量が足りず十分な制動力が得られないらしいです。

ですので、Vブレーキのままドロップ化するのであれば、Vブレーキ対応のブレーキレバーを使う必要が出てきます。
例:Vブレーキ対応のドロップハンドル用ブレーキレバー

ですが、こういったブレーキレバーを使うと、シフターを別に取付ける必要が出てきます。
この場合、使用しているラピッドファイア(SL-3500)等のフラットバー用のシフターを無理やりつける方法や、ダブルレバーバーエンドコントローラーと呼ばれるシフターを使う方法が考えられます。
ですが、いずれもシフトチェンジをする為にブレーキレバーやハンドルから一度手を離す必要が生じる為、フラットバーより変速の勝手が悪くなってしまいそうです。


現在、ドロップハンドルのロードバイクはブレーキレバーから手を離さずシフトチェンジできる、ブレーキとシフトレバーが一体化した物が主流となっています。
(シマノはSTI、カンパニョーロならエルゴパワーと呼ばれる物です。)
例:シマノSTI・ST-9000
このレバーであれば見た目もカッコいいですし、変速の操作性や精度も申し分ありません。
ですがSTIはブレーキも兼ねており、ブレーキはキャリパーブレーキ用の為、Vブレーキを引くには引き量が足りないそうです。
STIをESCAPE R3に取り付けようとするとブレーキの互換は次のようになります。

●Vブレーキをそのまま使用 ⇒ ×:STIの引き代が足りない為NG。
●カンチブレーキに交換 ⇒ ○:互換性・取付共に問題なし。
●キャリパーブレーキに交換 ⇒ ×:ブレーキ台座が合わない為、取付が出来ない。

また、裏技的な方法として、互換性は謳われていない自己責任の方法なら次の様な方法もあるようです。

●ショートVブレーキに交換 ⇒ △:互換性は謳われていない物のショートVはSTIで引けるらしい。
※ショートVブレーキ ⇒ SORA BR-R353 、 TIAGRA BR-R463
※STIの型が古いと引き代が少ないらしく、タッチが怪しいらしい。
具体的にはST3500(SORA)、ST4600(Tiagra)、ST5700(105)、ST6800(ULTEGRA)、ST9000(DURA-ACE)以降の型番は引き代が増えているらしい。
参照
※いずれもメーカー互換は謳われていない為、自己責任による組み合わせとなります。

●Vブレーキ+トラベルエージェント等の引き代変更アタッチメントを使用 ⇒ △:STIでVブレーキが引けるようになるらしい。
トラベルエージェント

つまり、R3にドロップハンドル&STIを取り付けようと思うと次の3パターンからの選択になります。

1.ブレーキをカンチブレーキに交換する。
2.ブレーキをショートVブレーキに交換する。
3.トラベルエージェントを使う。

そして、ネットでの評判を見てみると次のような声が多いようです。

●カンチブレーキ
泥や異物などを噛みにくいものの、制動力はVブレーキに劣るらしい。
また、連続ブレーキにも向かない為、ダウンヒルなどにも適さないらしい。
ブレーキタッチはVブレーキ程良くないらしい。

●ショートVブレーキ
アーチが短くなった分、てこの原理でノーマルVブレーキより制動力が劣るらしい。
また、メーカーの互換性が謳われていない為自己責任となるらしい。
ブレーキタッチ自体はそこまで悪くないらしい?

●トラベルエージェント
Vブレーキを引けるには引けるものの、タッチ・制動力共に悪くなるらしい。

実際に試してはいないので、全てネット情報ですが、こういった声が多いように見受けられます。

【通勤用途・雨天も想定】というコンセプトから行くと、この壁が非常に高く感じられ、徐々にドロップ化は考えの中から薄れて行きました。

長くなってきたため、今回実施する事になったブルホーンに関しては次の記事とさせてもらいます。






日本ブログ村のランキングに参加しています。
ポチ頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:自転車通勤
JUGEMテーマ:じてんしゃ全般
JUGEMテーマ:クロスバイク

スポンサーサイト

  • 2017.08.08 Tuesday
  • 12:45
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM